『紅蓮』オフィシャルインタビュー

●13枚目のシングル「紅蓮」は新しいエッセンスもありつつVALSHEさん王道のサウンドですが、どういったところから出来上がった曲ですか?

VALSHE:  

今作を作るに当たっては自分のリアルタイムでの環境だったり、心境が大きな割合を占めていたんです。CDを作るからコンセプトを考えるというよりはいまの自分の気持ちに当てはまるサウンドを探すっていう。曲は今回、外部の作曲家の方に託しているんですけれど、少し前から新しい血を入れる準備をしていて、候補にあった曲なんです。

●作曲をアニメ『ドラゴン桜』の主題歌などを手掛ける小高光太郎さん、『マクロスΔ』の挿入歌等で活躍しているUiNA(ウイナ)さんが手がけていますね。

VALSHE:  

はい。実はこの曲はサウンド感だったり、曲調をリクエストをして募った楽曲の中の1曲だったんです。ひも解いたら小高さんとUiNAさんの曲で、当時から「絶対、この曲はいいからどこか然るべきタイミングで歌詞を入れ込んで完成させたいね」って思っていて。まさにこのタイミングで「この曲にハメたい!」と。

●VALSHEさんからどんなリクエストをした曲だったんですか?

VALSHE:  

外部の方に作曲を依頼するときはVALSHEの軸になっているデジタルサウンドであったり、ロック感の強いものや逆にいままでと違う感じの曲だったりとリクエストの幅は広くて。「紅蓮」はVALSHEの新しいものというよりはど真ん中をしっかり見据えた上で持ってきてくださった曲ですね。

●ご自身の気持ちに当てはまる曲とおっしゃっていましたが、どういう心境だったんでしょうか?

VALSHE:  

前作「「SYM-BOLIC XXX」」が世に出る前後のタイミングだったんですけど、一難去ったらまた一難みたいな出来事がある中、ふだんだったら見落としてしまいそうな誰かの行動だったり、誰かの言葉だったりにすごく救われることがあって、「こういう状態だから気づけたんだろうな」って思ったんです。窮地に追い込まれないと「気づけなかったな、その優しさ」って。逆に言うと、そこまでの状態にならないと見えないものってあるんだなと感じて、そういう気持ちを曲にしたいと思ったのがいちばんの動機です。

●ご自身の経験によって燃え立たせられたものがあったんでしょうか?

VALSHE:  

「折れられないな」と思いました。おっしゃっているニュアンスにすごく近いと思うんですけど、「頑張らないとな」っていう気にさせられたというか、「負けてられないな」って。

●楽曲とVALSHEさんの心境がリンクしたんですね。タイトル「紅蓮」は仏教用語でもありますが、ゲームやアニメーションが好きな人には親近感のある言葉だと思うんです。どういう想いがあってつけたんですか?

VALSHE:  

そのときの気持ちを“色”で表すなら紅蓮がいいっていうシンプルなものでしたね。紅蓮って赤より紅いというイメージがあって。仏教に関連させたわけではないんですが、本来の紅蓮の在り方も含めてつけましたね。

●なるほど。新たな作曲家とのコラボレーション曲となりますが、メロディには新鮮さを感じましたか?

VALSHE:  

もちろん自分自身が作るものとは絶対的に違うので、その新しさや面白さはあるんですけど、今回、アレンジに(齋藤)真也さんに入ってもらったのは大きかったなと思っていて、よりVALSHEサウンドの方向にひっぱってもらえたなと。「紅蓮」っていちばん最後のサビで転調しているんです。もともとキー設定が高い曲でメロディもかなり細かく動く曲なので、難易度が高い楽曲だったんですけど、デモの段階では最後に転調していなかったんですよ。でも真也さんから、「最後、転調したほうがカッコいいんじゃない?」って提案があって。

●さらにハードルが上がったんですね。疾走感がありつつ、テンポが落ちるクラシカルなセクションもあって、VALSHEさんの曲の中でもかなり難易度が高いのではないかと思いました。

VALSHE:  

高いですね。ただプリプロを重ねる中、一瞬たりとも気が抜けない歌っていうのが、今回の曲のテーマ的にも合っているなと思ったんです。ボーカロイドのように華麗に歌いこなしているというよりは、必死に歌っている感じが伝わったほうがいいと判断しましたね。本番のレコーディングではいつもCDとライブの違いを大なり小なり意識してマイクの前に立っているんですけど、今回はがむしゃらというか、その場の温度感をそのまま乗っけているような気持ちが強かったんです。それがこの作品にはベストだと思ったんですよね。

●熱量が伝わる歌にしたかったから?

VALSHE:  

はい。キーだったり疾走感、メロディの細かさの相乗効果でこういう歌になったのかなって。なので、普段だったら選んでない曲かもしれないです。書きたいものが先行してあった上で、当てはまる曲があってアレンジが施されるという順を追って仕上がった曲だったので。

●では、歌詞については「負けてられないな」という気持ちをどう落とし込んだんでしょうか? 時代設定も気になるところです。

VALSHE:  

年代はそんなに意識はしていなくて、今作は視覚的な部分でリアルなところよりファンタジックな世界観を強めに出しているんですが、VALSHEの過去の作品に多いフィクションの中にノンフィクションを投影していくという手法ですね。100曲目にふさわしい曲調、テーマを熟考した「「SYM-BOLIC XXX」」という作品があった上で自分自身の作り方の本質的な部分を出したいと思っていたので地続きになっているなと。歌詞にしてもミュージックビデオにしてもいろんな作り方をしてきて、引き出しをたくさん増やした上での10年目の1作目ということは意識したかもしれないですね。

●キーワードは“希望”と“絶望”ということですが。

VALSHE:  

希望と絶望を相反するものとして描いているわけではなく、希望の中に見える絶望だったり、絶望の中に見える希望を描いています。さっきお話したように自分の状況が悪いときほど、ふだん見過ごしがちな人の優しさに気づけたり、ありふれたものが光ってみえると思うんです。逆にいい状態のときには、ちょっとしたことをマイナスに感じる。ミュージックビデオには紅蓮の花と悪者の大男がその象徴として出てくるんですけど、森の中で最終的にVALSHEが大男を倒すという物語の中、倒したことによって紅蓮の花がどうなったのかというところで今作の意図を表現しています。

●歌詞の“あなただけは信じると決めた”というところが気になったんですけど、どういう想いで書かれたんですか?

VALSHE:  

人って絶望的な気持ちになると容易に誰も信じられない状態になるじゃないですか。疑えばどんな人も疑えるし、みんなを信じるのは難しい。でも、誰も信用せずに人の言葉も耳に入らなくなり、何も見えなくなる状況をずっと繰り返しているんじゃなくて、そんな中でもちゃんと聞こえる言葉はあって見えるものもあることに気づくっていう思いを込めています。

●信じられるものもあるということが、主人公が敵対するものと戦うモチベーションになっている?

VALSHE:  

そうですね。

●ミュージックビデオの話が出たところでヴィジュアル面のこだわりについてもお聞きしたいのですが、アーティスト写真は迫力があってアニメーションを実写化した映画の主人公のような印象を受けました。

VALSHE:  

:「「SYM-BOLIC XXX」」のヴィジュアルは“雑誌のようにしたい”という方向性で制作したんですけど、今作はDVDのパッケージのようなジャケットにしたかったんです。ミュージックビデオも“映画だと思ってほしい”っていう指針合わせをまわりとしましたね。

●近日公開って入っていてもおかしくない写真ですものね。

VALSHE:  

そうですね。自分のサンプル盤には入れましたね(笑)。

●髪の色をよく変えるVALSHEさんですが、引き続き金髪なのは「「SYM-BOLIC XXX」」と関連性があってのことですか?

VALSHE:  

特に絶対、金髪じゃなきゃいけなかったわけではないんですけれど、VALSHEのスタンダードっていう感じですね。ヴィジュアル先行で“この作品は黒、この作品はピンク”っていうイメージがあるときに色を変えているんですけど、そうじゃないときは金髪っていう。

●それと両目のカラーコンタクトの色が違いますね。

VALSHE:  

オッドアイはずっとやってみたことなんです。ファンタジックな世界観の楽曲を出すタイミングでいつかやれたらいいなって。

●顔は汚れ、傷を負っている設定ですが、汚しのヴィジュアルは初ですか?

VALSHE:  

過去の曲でいうと「ジツロク・クモノイト」以来。わりとボロボロになっていますね。「紅蓮」では大男にとにかく、やられまくるので撮影の前も受け身ばっかり教わっていました(笑)。汚しにはこだわりましたね。シチュエーションとちぐはぐな感じにはしたくなかったので顔も「汚しまくってください」ってお願いしました。

●「泥まみれにしちゃっていいです」って?

VALSHE:  

全身、汚してくださいって。

●ミュージックビデオでは殺陣にも初挑戦していますが、撮影はいかがでしたか?

VALSHE:  

撮影はけっこうハードでしたね。「ジツロク・クモノイト」の撮影では実際にケガしたんですけど、今回は殺陣の稽古が終わったあとにも筋肉痛で、信じられない痛みが襲ってきました(笑)。本番に臨むときも痛い箇所を若干かばいながら行かないといけない状態でした。

●けっこうリアルにボコボコな状況だったんですね。

VALSHE:  

ちょうどアコースティックツアーの渦中だったんですけど、最悪、骨が折れても大丈夫っていう気持ちで行っていて。

●その覚悟が半端ないです。

VALSHE:  

結果、大きなケガはせずに終われてよかったっていうのはありましたね。

●剣を抜いて戦うアクションシーンも映画のようで迫力満点です。いまは若い俳優さんも殺陣をやる機会が増えているのかなと思うんですが、実際、やってみていかがでしたか?

VALSHE:  

個人的にはすごく楽しんでやらせてもらいました。以前からダンスを習っていたこともあって身体の動かし方が面白いと思ったし、日頃、自分が映像作品で見ている殺陣はナチュラルというか、当たり前のようにやっているように見えるけど、「こんなところの筋肉使ってるんだ」って。実際にやらないとわからない負荷がかかるんですよね。自分自身は音楽をやる上でも習得しておいて損はないなと思いました。

●今後の活動にも活かされそうですよね。

VALSHE:  

殺陣がある舞台とかやれたらいいですよね(笑)。

●カップリングの「空白の四月」はピアノで始まる切なくも美しい曲でVALSHEさんが作詞、作曲を手がけています。

VALSHE:  

「紅蓮」の世界観のまま聴けるような曲にしたかったんです。絶望と希望の狭間にあるようなサウンドにしたいと思っていて、3回構築し直して完成した曲です。最初に作ったときは先が見えないような暗い曲になってしまったので作り直したら今度は明るすぎるかなって。「空白の四月」は「紅蓮」を作っていた頃に抱いていた想いだったり、気づきを形にしているんです。

●曲調は違うけれど、繋がっているんですね。

VALSHE:  

そうですね。喪失感だったり、深く傷ついて心に穴があいたとき、人はなにか代わりになるようなものでその穴を埋めようとしがちですけど、それは無意味なんじゃないかって気づいたんです。

●ほかのもので埋めようと思っても埋まらないということですか?

VALSHE:  

身近なところで例えたら大事な友達とお別れをすることになったとして、そこでポッカリあいた穴が新しい友達と同じぐらい仲良くなったからといって埋まるわけではないんだなっていう。「埋まったと思ってたのに」って思うことってたくさんあって、だからといって何もできずに留まっているということではなく、穴があいていても受け入れて前に進まないといけない。そうやって解決できないことと向き合いながら生きる状態をメッセージとかそういうことではなく、ありのまま伝えたいなと思ったんです。

●タイトルが意味深で“空白”という言葉がさっき、おっしゃった大事なものを失った喪失感を想起させます。

VALSHE:  

そうですね。

●“それでも雨が降り続くなら 僕が傘になる ”という歌詞が出てきますが、「紅蓮」と「空白の四月」は曲調は違うけれど、VALSHEさんの共通した想いが流れているんですね。

VALSHE:  

はい。穴の代わりにはならないけれど、何かを見出して力に変えることはできるっていう。心情の部分では紐付いていると思います。

●今作を2曲に絞った理由というのは?

VALSHE:  

すごくシンプルな理由なんですが、今作のテーマ性を語るのはこの2曲で十分だと思ったからです。

●「紅蓮」を“10年目の初撃”と表現されていますが、最後に今後の活動について教えてください。

VALSHE:  

2019年9月23日を超えたときから10周年イヤーが始まった中、作品については10年目のいまだからこそ、もっと作っていきたいと思っています。周年だからこその曲作りというわけではなく、いままでと同じように作っていれば、ふさわしいものが生まれてくると思っています。と同時に10年目だからこそやりたいこと、やれることの機会は逃したくないので、応援してくれる人と過ごす時間を惜しみなく使いたいですね。まずは2020年の2月から始まるファンクラブライブを楽しみにしていてほしいですね。

●10周年だからこそ、できる試みもあるでしょうしね。

VALSHE:  

そうですね。「これは次の機会にやろう」とかじゃなくて全部やろうという感覚で活動できるのが10周年イヤーだと思うので、作品は自分のスタンスを変えずにライブではみんなと一緒にしっかり楽しみたいなと思っています。

VALSHE 13th SINGLE『紅蓮』