『UNIFY -10th Anniversary BEST-』オフィシャルインタビュー

メジャーデビュー10周年のベストアルバム『UNIFY -10th Anniversary BEST-』のタイトル“UNIFY”には“統一”という意味がありますが、以前からVALSHEさんの中にあったワードなんでしょうか?

VALSHE:  

ありました。リード曲「UNIFY」の中に“Certify”(証明する)という言葉があるんですが、両方ともベスト盤のキーワードになる言葉です。

VALSHEさんが今まで歩んできた道をひとつに繋ぐという意味での「UNIFY」ですか?

VALSHE:  

10周年を統括するベスト作品を出すに当たって「VALSHEが10年間で作り上げたものの集大成」がファンに対して示せるものを作りたかったんです。また、初めて自分のことを心から主役にしてあげたいと思った作品でもあります。VALSHEがフロントに立って、そのサウンドや世界観が証明されるということをちゃんと提示したいと思ったんです。なので、全作品をひとまとめにするというよりは「いろんな楽曲、いろんな顔、いろんな姿を見せてきましたけど、改めてその中核のオリジナルのVALSHEを見せたい」という意味合いが強いですね。

ご自身を初めて主役にしてあげたいとおっしゃっていましたが、それ以前はどんな感覚だったんですか?

VALSHE:  

もちろん今まで出してきた楽曲もVALSHEだし、自分がフロントに立っているので、お話したことはあくまで心情的な部分なんですが、例えば5周年の『DISPLAY -Now&Best-』リリース当時は、自分視点でVALSHEを見るとサウンドにしてもミュージックビデオを作るにしてもライブにしても多くのスタッフの方たちが関わってくれて、ファンにも力を借りて物事を推し進めていったという感覚があったんですね。VALSHEではあるけれど、VALSHEではないというか。

多くの方が関わってVALSHEの作品を制作しているからですか?

VALSHE:  

はい。ちょっと乱暴な言い方になってしまいますけど、全ての方のおかげだと思っていて、5周年のときは「自分が頑張ったおかげでここまで来た」って1ミリも思えなかったんです。今は長いタームで一進一退で続けてきたことを思うと「VALSHEもよくがんばりました」ってようやく自分を認めてあげることができた。そういう意味でも『UNIFY』というタイトルはふさわしいんじゃないかと思ったんです。

2枚組のベストには新曲2曲が収録されていますが、タイトル曲「UNIFY」はサビの高揚感と力強さが半端ないなと感じました。ラウドな要素とゴスペルのテイストを感じましたが、曲を作った時のエピソードを教えてください。

VALSHE:  

「UNIFY」は2年ぐらい前から存在していた楽曲なんです。昨年のシングル「「SYM-BOLIC XXX」」の制作に入る前にVALSHEの100曲目にふさわしい楽曲のコンペをサウンドプロデューサーやずっと作品に曲を提供してくれているdorikoさんと開催したんですけど、その時に持っていった曲で……。でも、自分が作った曲をそこで客観的に聴いたら「100曲目には重すぎるし、自分の曲だけ周年感が強いな」と思ったので「この曲はとっておこう」って。

アニバーサリーイヤーにとっておいた曲なんですね。

VALSHE:  

ええ。その時点で編曲に近い作業もしていたので、実はイメージ的には大きくは変わっていないんです。デモの時点から荘厳で重厚なサウンドがしっかり見えていたので再構築する必要がなかったんですね。2年という時間があった分、微調整したり、よりブラッシュアップを試みる時間もあって、しかるべきタイミングでようやく出せたという気持ちですね。VALSHEがステージに立っている姿が見える楽曲になったと思います。

先ほど“Certify”が大事なキーワードだったとおっしゃっていましたが、そこに込めた想いというのは?

VALSHE:  

“Certify”はタイトル曲だけではなく、ベストアルバム全体のことも含む言葉で、作品自体に証明書のような感覚があるんです。自分にとってもそうだし、受け取るファンに「10年の課程を修了しました」じゃないけど、証明書を渡すような気持ち。「自分たちはこういうものを作って、こういう活動をしていろんなことを超えてきました。よく頑張りましたね」っていうような。そういう意味でも大事なキーワードなんです。

では、ヴィジュアルについても教えてください。過去にも白い衣装を着ることはありましたが、ここまでドレッシーな雰囲気ではなかったですよね。

VALSHE:  

これまでのVALSHEが全て集約されていることを踏まえて衣装については今回、まわりの人にも相談したんです。「黒? 赤? 金?」って。ディスコグラフィーを振り返っても非常に多色だなとあらためて思う中、「何色にでも染まれるのって白だよね」っていう話になったんですけど、アニバーサリーというテーマを受けて「VALSHEにウエディングドレスを着せてみたら? VALSHEならカッコよく着るよ」という意見が出たこともあり、今回の衣装は腰から下がウエディングドレス風のデザインで、上はカッチリしたこれまでのVALSHEらしいナポレオンジャケットを着ています。

ミュージックビデオは鍵束を受け取る映像から始まりますが、5周年ベストの新曲「DISPLAY」で看守役のVALSHEが持っていた鍵たちですか?

VALSHE:  

「DISPLAY」には過去のミュージックビデオに登場したいろいろなVALSHEが出てくるんですが、「UNIFY」の冒頭では前回のシングル「ACE of WING」のVALSHEが鍵を渡しているんです。「DISPLAY」は最新のVALSHEが檻の中に入る演出で終わるんですが、それは暗に「DISPLAY」も旧譜、つまりその作品が目に触れた瞬間から過去のものになるということを示していたんですね。鍵はずっと受け継がれてきていて、「UNIFY」は10周年を迎えたVALSHEがその後どうするのかが明らかになるような作りにもなっています。このタイミングで初めて見る人にとってその要素は何の変哲もない映像に映るかもしれないですが、これまで応援してきてくれた方にとっては過去の曲の振り付けやシチュエーション、撮り方が盛り込まれているので、VALSHEを追ってきてくれたからこそ気づけるポイントがたくさん詰まっていると思います。後半に出てくる英語の文章にもちゃんと意味があるんです。「UNIFY」で何を表現したのか読めばわかる内容になっているので、英語が得意なファンの方が訳して拡散していただけたらいいなって思っています(笑)。

そのあたりのこだわりも毎回、謎や種明かしがあるVALSHEさんらしいですね。

VALSHE:  

そうですね。ミュージックビデオに限らずですが、今回のベストアルバムは今まで応援してくれた人たちにとって、より意味のある作品にしたかったんです。ひいては初めて触れる方たちにも10年一貫してVALSHEがやってきたことを知ってほしいなという気持ちもあります。

Disc1にはデビューミニアルバム『storyteller』に収録されていたリード曲のセルフカバー「Myself-DECADE-」も収録されていて、ロック色を強めたアプローチが印象的です。2015年から現在に至るまでの楽曲が中心のDisc1はデジタルを取り入れつつ生音の割合が増えていて、ロック色が強くなっていったVALSHEさんの変遷を感じるんです。

VALSHE:  

「ジツロク・クモノイト」(2015年)、「RIOT」(2017年)あたりがひとつのターニングポイントで、このあたりからバンドと一緒に音を作る機会が増えたんですね。「RIOT」からはより自分自身が作曲に携わるようになったので、自分的にはDisc1が第2章でDisc2が第1章だと思っているんです。初期にもロックなサウンドの曲はあるんですが、デジタルと生音の調合の割合が変わっていったのかなって。毎回、デジタルとロックの配分を考えて「これはかけ離れたりしないかな」って試行錯誤しているんですが、こういうふうにベストで曲を並べてみると成分量が違うだけだなって。Disc1はラウドな音、一発、一発が重いのでDisc2より耳が忙しいですが、それを統括するのが「UNIFY」のサウンドだと思っています。

前期の5年、Disc2の楽曲たちを聴いて、今のVALSHEさんはどんなことを感じましたか?

VALSHE:  

スタジオで新たにマスタリングしたときは音に対する喜びのほうが勝っていたんですけど、Disc2を聴いていると当時、一緒に作品を作っていた人のこととか、当時の出来事とか、音楽以外のことを思い出すことが多いんですね。

VALSHEさんが顔出しをしていなかった時期の楽曲や、「Butterfly Core」(2013年)がアニメ『名探偵コナン』のテーマ曲として起用されたり、いろいろな節目がありましたものね。

VALSHE:  

そうですね。ただ、サウンドの基軸になっているのはDisc2で、この時期があってDisc1のサウンドの配合の話に繋がっていくので、起点になっている1枚ですね。こうして統括してみたら結局、1本の線だったんだなって感じられたのは良かったなと思っています。

Disc2にはVALSHEさんがデビュー前に動画サイトに投稿したカバー曲「右肩の蝶」を新たに録音した「右肩の蝶-2020-」も収録されています。最後を締める新曲「フィラメント」ものりぴーさんが作曲し、dorikoさんが作詞を手がけていますが、10周年のVALSHEさんを祝福しているように響いてきて感動しました。

VALSHE:  

もうひとつの新曲「フィラメント」は11年目に対して提示できるものにしたかったんですが、この位置は自分では書きたくなかったんですね。今回、「右肩の蝶」で関わりを持つことができたこともあり、のりぴーさんにお願いしたんですが、のりぴーさんにVALSHEのイメージで自由に書いてほしいと伝えさせていただいたんです。歌詞は「UNIFY」と親和性がある内容になっていて、VALSHEの唯一の証人といってもいいdorikoさんにお願いしました。

10年間の活動にずっと関わってきた方でもあるからですか?

VALSHE:  

そうです。チームVALSHEの一員の側面もあり、プライベートを含めていろいろな出来事を第三者の立ち位置で見てきてくれた人なので。「証人になって。あなたが見てきたVALSHEを書いて」って頼んだんです。「UNIFY」の中に“Certify”というキーワードが出てくることもあり、今回のベストには証人が必要だなと思ったんです。

“向けられた笑みも涙さえも 全て力に変えてみせよう”という歌詞がさまざまなことを乗り越えてきた今のVALSHEさんを思わせるし、“メメントモリを口にしながら 100年先も抗い続けよう”という箇所もVALSHEさんが貫いている姿勢だと感じました。

VALSHE:  

自分自身も初めて歌詞を読んだときに率直に感動しました。「フィラメント」というタイトルも光栄だなって。dorikoに「VALSHEはLEDじゃないんです」って言われたんですけど、“フィラメント”って白熱電球の芯という意味なんですね。自走で光ってるみたいな(笑)。スイッチひとつでずっと同じ光量を保つLEDではなく、熱量を注げば注ぐだけ光るのがVALSHEだって言ってくれて。嬉しかったですね。

未来との架け橋になるのが「フィラメント」のポジションなんですね。

VALSHE:  

はい。なので、Disc2の最後に入れさせていただきました。

12月18日にはTSUTAYA-O-EASTでコンセプトライブ<VALSHE CONCEPT LIVE 2020 「VVV -VALSHE VS VALSHE-」>が開催されますが、特設サイトでの活動が告知されていくカードは今後も徐々に開いていくんですよね。

VALSHE:  

ええ。まずは10周年のベストを楽しんでいただきつつ、まだまだコロナに振り回される日々が続くと思っているんですが、振り回されながらもあのカードを全部めくることをあきらめずに頑張っていこうと。1つ1つの決断がみんなにとって大事な一歩になると信じて活動を続けていこうと思っているので信じてついていただければと思っています。

取材・文◎山本弘子

『UNIFY -10th Anniversary BEST-』